刺繍って奥深い、簡単そうで苦しい

刺繍って奥深い、簡単そうで苦しい

いま刺繍にはまっている。刺繍って中学の時に住まい科で習って依頼していなかったんだけど、薄々刺繍がしたくなって100均で設備買って来ました。

ではホームページを見ながら簡単なステッチのおさらいをしました。

志すは樋口愉美子様という刺繍だ。

だが、簡単なステッチも実にきれいにできず、刺繍ってこれ程難しかったかなあ?という支障にぶち当たっている。

樋口教員の刺繍を見ても、ほとんど苦しいステッチは使っていなんですね。

なのに、激しい緻密ビューティフル!

こうした素敵に刺繍できたらたとえ嬉しいかなって思います。

刺繍もアート、要するに感度ってことなんですよね。

構想や色の感度なんかも必要です。

そんなことを図るのもすごいうれしいだ。

も、刺繍って思った以上に刺繍糸を使うんです。

リハーサルにこれ程糸使ったら勿体ないんでしつけ糸を3公式重ねて練習している。

早く刺繍糸で眩しい刺繍狙うだ。

手始めはエコバックを作りたいと思っているんですが、終結が何時になるのか、遠い未来のような気がします(笑)

年頃と共にまぶたを悪くなって、細かい業務をすることを避けていたのですが、刺繍の誘引にはまり、老眼かけながら頑張っています。

需要はものすごく、ネットでの小売り目指して頑張ります!http://www.iguanainstitute.com/

Comments are closed.