漫画「はちみつというバタフライ」を読んで

漫画「はちみつというバタフライ」を読んで

ツキ村アルト君のアニメ「はちみつとバタフライ」を読みました。

様々な作業場がある街を舞台に、職人といった職人を補佐するプロップマンの個々図案を描いた短編集だ。

はじめ言明視線は、姿作業場の職人ニコラの会話でした。

姿整備においては天才的な用量がありながら、それ以外のことは全くまともにできず、付き合いも苦手なニコラ。

これまで何人ものプロップマンに逃げられているのですが、新しくやってきたレオンはそういう二コラといった仲良くなろうと奮闘します。

二コラに振り回されながらも、どこまでも優しいレオンが必ずいい人でなごみました。

二言明視線は香水作業場のシェリーというそのプロップマンですアルマの物言明でした。

公衆の面前で頭からバケツ一杯の紅茶をかぶったり、イメージにつられて右往左往を繰り返したりって、奇行の際立つシェリーのヒーローが面白かっただ。

そうして三言明視線はリング作業場の職人ジルというそのプロップマンですリタの物言明でした。

こういうジルが、小気味よい雲行きでなまやさしい言葉をささやきめくるプレイボーイタイプで笑えました。

そういったジルをうまくあしらいつつ助けるリタには、甚だしく好感が持てました。

全体を通してファンタジーもののかわいらしい世界観が広がっていて、きめ細かい気持ちになれる素敵なはじめ冊でした。メルラインの効果は!?口コミ・体験談!

Comments are closed.